2017/03/10 (金)

人事の心を掴む志望動機の作り方は、「○○すること」【就活は恋愛(結婚)と同じ Vol.6】

就活アドバイザーの平野真理子です。

前回の記事で、志望動機を書くには、「御社だから」が大切!!だとお伝えしました。

では、その「企業だから」を伝えるためにはどうしたらいいか?

その企業ならでの情報収集をする。つまり、
相手のことをとことん知る!ということが大切になってきます。
その企業のことを知らなければ、伝えられないですよね。

「知るため」にあなたの武器になるのがコレやじるし

『質問すること』
です。

 

恋愛の場合、
好きな人のことをもっと知りたい!と思ったら、あなたはどうしますか?

きっと「質問(会話)をする」と思うんです。
会話の中で、この人どんな人なんだろう?
どういう性格かな?
どんな人がタイプかな?
好きな食べ物はなんだろう?自分の好みと合うかな?とか、
色々イメージをするわけです。
この時、会話のなかでしているのが、実は
「質問」

いつも、休みの日何しているの?
どんな音楽が好き?
友達といつも、何を食べにいくことが多い?

などなど、質問を通じて、情報収集をし、
返ってくる言葉1つ1つの「相手」と「自分」を照らし合わせているわけです。

※この質問って、実は興味がない人には、できないのが現実。

 

 

就職活動も同じなんですよね。
なんとなーくの志望度で受けていては、質問ってでないんです。
あなたが、本当にその企業や仕事を知りたい!と思うことができたら、
「きっともっとこんなこと理解したいな」という「質問」が出てくると思うんです。

そして、この「質問」こそ、自分ならでの情報収集ができる大切な武器なんです。

 

とはいうものの・・・・

 なかなか、質問が思い浮かばないんです・・・という学生さんもいますよね?

そんな時には、
ぜひ、「その企業で長く働く姿」を
イメージしてみてくださいびっくり

 

消費者としての理解ではなく、「働く仲間」としての理解をして欲しいんです。

 

特に、B to C (、Business to Customer、個人顧客相手のビジネス) の企業は、
みんな、消費者としてのイメージや理解が先行してしまいがちなので、
ぜひ、「働く仲間」としてのイメージを持ってくださいね。

 

そして、ポイントは、「長く働く」です。

 

自分が長く働くために、知っておきたいことは何か?
恋愛でいえば、Vol1で書いたようなことです
 就活って、何のためにするの?  ~ 就活は恋愛(結婚)と同じ Vol.1 ~

★あなたが、「質問したいこと」「知りたいこと」は何ですか?