選考対策 2017/03/07 (火)

「志望動機」のポイントは、「○○だから」 【就活は恋愛(結婚)と同じ Vol.5】

こんにちは。就活アドバイザーの平野真理子です。

就活が解禁して、スーツ姿の学生たちを通勤時に本当によく見かけるようになりました!

今朝、地下鉄で私の前に座っていた女子学生3人が、「エントリーシート」についての話をしているようでした。

そこで、今日は、このエントリーシート(ES)や履歴書、そして面接でよく聞かれる質問
=「志望動機」のポイントについてを、お送りします。

 

 

そもそも、企業はなぜ志望動機を聞くのでしょうか?

これ、恋愛に例えて考えてみましょう。

「どうして、私のことを好きなの?」
「どうして、他の人じゃなくて、僕なの?」

きっとあなたが相手から告白をされたら、知りたくなることではないでしょうか?

どうして「自分なのか」
これを知ることで、「あー、本当の自分を理解してくれているんだぁ」
「こんなところまで、知ってくれているんだぁ」

「自分じゃなきゃダメって、ここまで明確な理由を持ってくれていたら、
この人と長くお付き合いできるかもしれないなぁ」

と様々なことを思うわけです。

 

一方で、その理由が、
「なんとなく~」というように、明確でない場合、
きっとあなたは、「うまくいかないかもなぁ」と、その告白にOKを出さない可能性が高いです。

 

OKを出す場合は、
相手のあなたへの気持ちが伝わる場合
ではないでしょうか?
(もちろん、コチラ側がものすごく相手に惚れている場合は、別ですが・・・)

 

 

じゃあ、何を持って伝わるのか。

理由を聞いた時に、言葉1つ1つだったり、
熱く語ってくれる姿だったりするわけです。
言葉の中には、
「あなただから」があればあるほど、
きっと伝わるはずなんです。

これ、企業の「志望動機」とも同じです。
企業が志望動機を聞くのは、この2つ↓

 

① ”あなたが、その企業で
長く活躍できるかどうか”を知るため
=ちゃんと、うちの企業・仕事を
理解してくれているかを確認するため



② ”あなたの気持ちが本気がどうか”を
知るため
=なんとなく、選考を受けていないかを
知るため。

 

ちゃんと、御社のこと理解していますよ!
私、本気で御社のことに入りたいんです!と伝えるためには、
(選考の初期段階では、本気で入りたい!という気持ちになるのは難しいかもしれません。
でも、「御社のことをもっと知りたい!」という気持ちは絶対必要だと私は思うんです)

「その企業だから!」が必要なんです。

 

※よく、「○○業界だから」と業界の志望だけを熱く語る学生がいます。が、
企業が知りたいのは、「なぜうちの業界なのか」ではなく、
究極は「なぜうちの会社か?」なんですよね。

 

★あなたの志望動機は、「御社だから」が伝わりますか?

 

じゃあ、その「企業だから」を伝えるためにはどうしたらいいか?
それには、相手のことを知る!ということが大切になってきます。
その企業のことを知らなければ、伝えられないですよね。
「知るため」にあなたの武器になるものを、
次回の記事でご紹介しますよ。